MUSE M1+DXレビュー | コスパ抜群のウッドホン! 

今回はMUSE M1+DXの紹介です。MUSE M1+DXは低価格帯のウッドホンで、気になっている人は多いでしょう。本稿ではMUSE M1+DXの詳しい音質を徹底的にレビューします。

MUSE M1+DX音質評価・レビュー

高音の評価  5点/10点

MUSE M1+DXはウッドハウジングなので、迫力のある厚めの低音が魅力の1つですが、スネアやハイハットなどの高音も存分に出してくれます。値段からこもりがちだと思われますが、MUSE M1+DXは音抜けもよく、とても聴きやすいイヤホンとなっています。しかしアタック音のスネアなどがが強すぎることもあり、あまり高音が好みでない人は聴き疲れしてしまうかもしれません。

中音・Voの評価  4点/10点

中音のボーカルの声は値段以上の効果を発揮してくれますが、POPミュージックなどの音楽が前面にでた曲を聴くとボーカルの声が埋もれてしまうかもしれません。安室奈美恵さんのcan you cereblateなどのバラードを聴く時などには、ボーカルの声もクリアに聞き取ることができ、MUSE M1+DXの真価を発揮してくれるでしょう。

低音の評価  5点/10点

ウッドハウジングらしい迫力のある低音がMUSE M1+DXの1番のポイントでしょう。同価格帯の他のイヤホンでは味わうことのできない厚みのある低音が出るので、バスドラムが強調されている曲を聴く時には特におすすめです。しかしドンシャリ音に変わりはないので、聴く人によっては聴き疲れしてしまう人もいるので、実際に手にとって聞いてみるのが1番でしょう。

総評  5点/10点

MUSE M1+DXは厚みのある音をクリアに出してくれるので、楽器の音が強調される邦楽ロックなどを聴く人にはとてもおすすめのイヤホンです。ウッドハウジングという木の素材を使っているので、楽器1つ1つの音を楽しむことができます。しかし楽器の音のパワーがありすぎるあまり、少しうるさいと感じてしまう人や、ボーカルの声がもっと聴きたいという人もいるので好き嫌いが分かれそうなイヤホンでもあります。ただボーカルの声が全く聞き取れないというわけではなく、バラードなどのバックサウンドが静かな曲だとボーカルの声を前面に出してくれるので、聴く曲によって違う味が楽しめるイヤホンでもあります。

MUSE M1+DXの基本情報

ドライバー ・ 10mm
再生周波数帯域 ・ 20~20,000Hz
インピーダンス ・ 32Ω
コード長  ・1.2m
感度  ・103dB/mW
保証  ・1年間

(出典)楽天

MUSE M1+DXで聞くならこのアーティスト

http://www.pakutaso.com

ONE OK ROCK

代表曲:完全感覚Dreamer、キミシダイ列車、未完成交響曲、Wherever you are

WANIMA

代表曲:ともに、切手のないおくりもの、オドルヨル、For you

安室奈美恵

代表曲:Can you celebrate?、Don’t wanna cry、TRY ME~私を信じて~、You’re my sunshine

宇多田ヒカル

代表曲:First Love、Automatic、Can You Keep A Secret、SAKURAドロップス

MUSE M1+DXはこんな人におすすめ!

http://www.pakutaso.com

とにかくMUSE M1+DXはコストパフォーマンスが抜群です。平均価格が3000円でこのウッドハウジングの迫力を存分に発揮してくれるイヤホンは他を探してもありません。ドンシャリなサウンドで楽器の音がうるさくて苦手な方もいますが、それはクリアな音を存分に出してくれている証拠なので、バラードの時だけに聞いてみるといったように、用途を使い分けるのもいいかもしれません。デザインも木のボディでとてもかっこいいので、いい音質のイヤホンを買いたいけど高いのは手を出しづらいという方にはうってつけのコストパフォーマンス抜群のイヤホンではないでしょうか。MUSE M1+DXを少しでも気になった方は、1度手にとってみてはいかがでしょうか。

楽天からの購入はこちら→楽天市場商品ページ

 

 

 

SNSでシェアしよう!