SHURE SE215SPEレビュー | 音質・リケーブル・付け方・イヤーピースまで

今回はSHURE SE215SPEの紹介です。SHURE SE215の限定モデルでとても人気のある商品なので、SHURE SE215SPEの音質や魅力が知りたいという方は多いでしょう。本稿では、そんなSHURE SE215SPEの詳しい音質からおすすめのリケーブルまで紹介していきます。

SHUREのSE215SPEの音質評価

http://www.pakutaso.com

今回、SHUREのSE215SPEを聞いた時の視聴環境はiPhone直挿しです。SHUREのSE215SPEはiPhone直挿しでも十分高音質を鳴らせるように設計されているので、アンプなどを持っていない方でも高音質を楽しめるでしょう。

音質の総評としては、基本的にSHUREの特徴であるフラットでモニターライクな音質は変わっていません。しかし、SE215SPEはよりJ-POPに合うような賑やかな音色になっています。今回の記事ではSHUREのSE215SPEの音質などについて詳しく紹介していきます。

 高音の評価 6点/10点

高音はSHUREのシリーズの中でもおとなしい印象です。しかし、中音や低音に埋もれているということは全くありません。むしろ耳に刺さったりすることなくとても心地よい高音と言えるでしょう。バンドなどのスネアドラムの音などもしっかりと聞き分けることができます。

 中音・Vo域の評価 6点/10点

中音に関しては、そこまで強調はされていないものの、周りの音に埋もれることなく心地よく鳴らしてくれます。渋い音を鳴らしてくれるため、特に男性ヴォーカルなどはとても合うでしょう。

しかし、特別強調されているわけではないため、中音・Vo域が大好きで中音・Vo域が強調されているイヤホンが欲しいという方には向かないでしょう。

 低音の評価 8点/10点

SHUREのSE215SPEの特徴は何と言っても低音です。今までのSHUREのシリーズの特徴であるフラットでモニターライクな音作りはされているものの、SE215SPEは低音が強調されています。特にバスドラムの沈み込みや空気感は一級品です。だからと言って低音が主張しすぎてその他の音域に影響が出てしまっているということは全くありません。あくまでもSHURE特有のバランスの良さや、モニターライクな音は健在です。今までのSHUREのイヤホンだと低音が物足りないと感じていた方には特におすすめです。

SHUREのSE215SPESE215の違い

 音質の違い

音質面での一番の違いは低音です。SE215よりもSE215SPEの方が低音が強調されていて、バンドやJ-POPを聞くには合うとでしょう。

逆にSE215SPEは低音が少し強調されているため、モニター的な使い方には向かないでしょう。 どの音域も強調していない自然な音作りが好きな方は通常のSE215の方がおすすめです。

 デザイン

SE215SPEの特徴としてデザインも挙げられます。今までのSHURE製品のほとんどがクリア・ブラックなど落ち着いた色のみの展開でした。しかし、SE215SPEはトランセルブルーというとても鮮やかな色が使われています。この色は見ているだけで所有感を満たしてくれるでしょう。

 

SHURESE21SPEにリケーブルするならこのケーブル!

 NOBUNAGA Labs TR-SE3

こちらのケーブルは全体的なバランスの面ではSE215SPEの純正ケーブルとあまり変わりません。しかし、純正ケーブルでは少しだけ引っ込んでいたヴォーカル域が前に出てくる印象です。ケーブル自体も細めでSHURE純正の太めのケーブルが苦手な方にはもってこいでしょう。

全体的なバランスは変えたくないけど、ヴォーカル域の解像感を少し上げたいという方に特におすすめです。

購入はこちらから→Amazon商品ページ

 ZEPHONE EL-16(PINK PARROT)

SE215SPEの低音でも満足できない人はこのケーブル。とにかく低音が前に出てきます。低音好きの人や、低音がよく出る楽曲を聞く方には特におすすめです。SE215SPEの低音をより質の高いものにしてくれることは間違いないでしょう。

しかし、ケーブルが太くて扱いが難しいかもしれません。

購入はこちらから→Amazon商品ページ

 Bispa BSP-HPCL-UPEREPMM

このケーブルの特徴は中域の押し出しです。NOBUNAGA Labs TR-SE3も中域は出てきますが、こちらのケーブルの方がさらに押し出しが強い印象です。中域が物足りないと感じている方にはおすすめです。

しかし、ケーブルがとても太くてタッチノイズも気になります。そこが気にならないという方は購入を検討してみるのもいいでしょう。

購入はこちらから→Amazon商品ページ

 ZEPHONE EL-24(Red Condor )

こちらのケーブルの特徴は何と言っても高域の伸びやかさでしょう。とにかく高域が伸びてきらびやかに聞こえます。SE215SPEではおとなしかった高域がどんどん前に出てくるので高域物足りないと感じていた方には特におすすめです。ケーブル自体の質に関してはタッチノイズが少し気になるものの、このケーブルでしか表現できない高音は一級品です。

購入はこちらから→Amazon商品ページ

SHURE SE215SPEをリケーブルするならこれ!|おすすめのリケーブルを徹底解説

2017.09.28

 SHURESE215SPEは特殊な付け方をするが慣れればつけ心地が最高!

(出典)http://www.pakutaso.com

SHUREのSE215SPE含め、SHUREの製品はSHURE掛けと呼ばれる装着方式です。耳の後ろからケーブルを回して装着する方式です。慣れるまでは装着に時間がかかったりするかもしれません。しかし、慣れてしまえば耳からぽろっと落ちることもなく、フィット感も優れているので、SHURE掛け以外の装着方法のイヤホンは使えなくなってしまうほどの中毒性があります。

 

SHURESE215SPEのつけ心地がさらに良くなるイヤーピース

コンプライ

コンプライは低反発のイヤーピースで、自分の耳の形にぴったりと装着することができます。特に遮音性に優れていて、音楽に集中したいという方にはおすすめです。

しかし、音質面でいくつか難点があります。コンプライを装着すると、低音がボワつき、SE215SPEの特徴である全体的なクリアさが失われてしまいます。音質面での変化が気にならない方にとっては最高のイヤーピースでしょう。

トリプルフランジ

こちらのイヤーピースは耳の奥までしっかりと装着できるタイプのイヤーピースです。イヤーピース自体が三段になっていて耳の奥まで入っていくため遮音性はとても高いです。しかし、このイヤーピースは人を選びます。装着感が不快に感じてしまう方もいるでしょう。

音質面では、特に低音がボワついたり、音のクリアさがなくなったりはしません。

装着感になれることができれば最高のイヤーピースになってくれること間違いなしです。

 SHURESE215SPEに偽物は存在するのか

 

(出典)http://www.pakutaso.com

SHUREのSE215SPEの偽物が存在していることは確かです。ですので、ヤフオクなどで出品されている安価なSE215SPEを購入することはおすすめしません。公式サイトや、正規代理店などで購入するのが確実でしょう。

明らかに安価なものを見つけたら購入するのを避けた方がいいでしょう。

ハイレゾ対応だからといって必ずしも高音質とは限らない

巷で話題のハイレゾ。最近ハイレゾ対応のイヤホンが増えてきました。しかし、ハイレゾに対応しているから音質がいいということはありません。もちろんハイレゾ音源を本気で楽しみたいなら対応機種を買うことをおすすめしますが、普通の音源をハイレゾ対応のイヤホンで聞いても何も変わりません。SHUREのSE215SPEはハイレゾに対応していませんが、ハイレゾ音源を聴かないのであれば素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

 

SHURESE215SPEで聞くならこのアーティスト!

BUMP OF CHICKEN

SE215SPEは邦楽ロック系に特に合います。通常のSE215よりも低音が強調されている分、ドラム周りの迫力や空気感が桁違いです。邦楽ロックのバンドの中でもBUMO OF CHICKENとの相性は抜群です。男性ヴォーカルもしっかりと表現しくれるので、BUMP OF CHICKENをよく聞く人はこのSE215SPEはおすすめです。

 

Avicii

SE215SPEはSHUREの製品の中でも低音が強調されていることからEDM系との相性も抜群です。SE215SPEでAviciiの楽曲を聴くと、他のイヤホンとの違いが特に顕著に現れます。EDM系の楽曲をよく聴くという方はSE215SPEを試してみるといいでしょう。

SNSでシェアしよう!