コスパがいい!3000円以下で買えるおすすめイヤホンを徹底レビュー

今回は、3000円以下で買えるコスパの良いイヤホンの紹介です。イヤホンにそこまでお金をかけたくないけど3000円以下でコスパの良い、高音質なイヤホンが欲しいという方は多いでしょう。本稿では、3000円以下で買えるコスパの良いイヤホンについて詳しく紹介していきます。

AUGLAMOUR RX-1


高音 5点 / 10点

中音・Vo域 5点 / 10点

低音 4点 / 10点

ダイナミック型で開放型というのが特徴。開放型なので少し音漏れや遮音性の部分で難点はあるものの、ダイナミック型のドライバーから鳴らされる迫力のある音は3000円以内の価格帯とは思えないほどです。

ダイナミック型というと、低音が強いイメージを持たれる方が多いはずです。しかし、このイヤホンはダイナミック型なのにもかかわらずバランスがとてもいいのです。特に中音から高音に書けてとてもクリアな音を鳴らしてくれます。解像度も決して低いわけではなく、価格相応といったところで、心地よい中高域を鳴らしてくれます。

そして、デザインの高級感もこのイヤホンの特徴です。なんとこの価格帯でハウジングがフルメタル。フルメタルだからこそ出せる高級感を醸し出しています。

低価格で、高級感のあるデザインで、クリアな音を求めている方にはおすすめしたいイヤホンです!

AUGLAMOUR RX-1 の詳細はこちら

Amazonからの購入はこちらから→【国内正規品】AUGLAMOUR 14.3mmダイナミックドライバー搭載インナーイヤー型イヤホン RX-1 (ブラック)

JVC HA-FX11X


高音 4点 / 10点

中音・Vo域 4点 / 10点

低音 6点/ 10点

こちらもダイナミック型のイヤホンです。このイヤホンはダイナミック型のイメージ通り低音がとにかく主張してきます。少ししつこいくらいに主張してくるため、低音をあまり好まない方には向かないかもしれませんが、低音好きの方にはまずこれをおすすめします。低音がよく出る曲を聴くと特にこのイヤホンの特徴が出ます。

逆に中高音は少しおとなしい印象です。しかし、全く聞こえないというわけではなく、低音に支えられながら程よく主張しすぎず鳴っています。低音が好きで中高域はあんまり出てきてほしくないという方にはちょうどいい主張でしょう。

低音好きにはこのイヤホンをまず勧めるというくらい質の高い低音を鳴らしてくれるのがこのイヤホンです。とにかく低音が響いて聞いていてとても楽しいです。低音好きの方は是非手にとって聞いて見てください。

JVC HA-FX11Xの詳細はこちら

Amazonからの購入はこちらから→JVC ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)JVC HA-FX11X-B

MUIX IX1000


高音 5点 / 10点

中音・Vo域 5点/ 10点

低音 6点 / 10点

このイヤホンの特徴は何と言っても低音の量を調節できるスイッチが付いているというところでしょう。なんとこの価格で2つの音質が楽しめてしまうのです。「Flat Sound(フラットサウンド)」と「Active Bass(アクティブベース)」という2つの音質がスイッチを切り替えるだけで楽しめてしまうというのは、このイヤホンでしか味わえないものとなっています。

低音だけでなく、中高音も綺麗にクリアに鳴らしてくれます。スイッチを切り替えるだけで2つの音を楽しめてしまうのは、まさに価格破壊といっても過言ではないでしょう。

低音が好きだけど、他の音域も捨てがたいなんて方は、このイヤホンをおすすめします。このイヤホンなら、低音が強調された音もそうでない音も両方楽しまうからです。聴く曲によって変えるというのもこのイヤホンの楽しみ方としていいでしょう。

MUIX IX1000の詳細はこちら

Amazonからの購入はこちらから→【国内正規品】 MUIX Hi-Fiイヤホン IX3000 ブラック IX3000-BK

PHILIPS SHE9710


高音 6点 / 10点

中音・Vo域 5点 / 10点

低音 6点 / 10点

前モデルから確固たる人気を誇るPHILIPSのSHE9710。このイヤホンは言わずもがなでしょう。3000円前後の価格帯のイヤホンといえばこれ、というほどにこの価格帯の高音質イヤホンの代名詞になっているほどです。

このイヤホンは、低音の量感や質もそうですが、高音もしっかり主張してくるのがすごいところです。中音・Vo域も前モデルよりもクリアになった印象で、より聞こえやすくなっています。この価格帯で、ここまでの音域をカバーして質も保てているのは唯一無二と言っていいでしょう。どの音域が好きというこだわりがない方や、オールマイティーに色々なジャンルをそつなく鳴らしてくれるイヤホンが欲しいという方にもおすすめです。

カラーバリエーションも3色展開となっており、男性にも女性にもおすすめできるデザインになっています。とにかく迷ったらこれ!迷ったらこのイヤホンを買っていけば間違いないです。是非一度手にとって聞いてみてください。

PHILIPS SHE9710の詳細はこちら

Amazonからの購入はこちらから→PHILIPS ヘッドホン インイヤーカナル式 ブラック SHE9710

JVC HA-FR46


高音 6点 / 10点

中音・Vo域 5点 / 10点

低音 6点 / 10点

このイヤホンの特徴は「フィットサポート」が搭載されているというところです。「フィットサポート」とは耳から落ちないようにするための耳に引っ掛ける突起のようなものです。これが付いていることによって快適で安定感のある装着感です。

さらに、ケーブルが丈夫でタッチノイズも軽減されるように作られているので、通勤、通学などで歩きながら音楽を楽しみたいという方にはもってこいでしょう。

肝心の音質は、低音が少しだけ前に出てくる印象です。基本的には低音が中心ですが、高音も負けじと主張してきます。中音域は少し引っ込んでいますが、それ以外の音域がしっかりとした量感と質感で出てくるので、申し分ないでしょう。

iPhoneを操作するボタンもついていますので、音量調節や曲の再生停止なども自由自在です。

このイヤホンは、通勤、通学などでiPhoneを使って音楽を聴きたい人に特におすすめです。今まで1000円台のイヤホンを使っていた方は最初のステップアップとしてこのイヤホンの購入を検討してみるのはいかかでしょうか。

Amazonからの購入はこちらから→ビクター JVC マイク&コントローラー搭載ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック) HA-FR46-B

TaoTronics TT-BH07


高音 6点 / 10点

中音・Vo域 4点 / 10点

低音 4点 / 10点

今話題のBluetoothイヤホンです。この価格帯でのBluetoothイヤホンというのは価格破壊でしょう。この価格帯でBluetoothを実現するだけでもすごいのですが、このイヤホンは音質面でも手を抜いていません。

音質面は、高音がすっきりとしていて聞いていて清々しい気持ちにさせてくれるような音作りです。全体的なバランスもよく、クリアなサウンドは3000円以下の価格帯とは思えません。

さらに、このBluetoothイヤホンはaptXというものに対応していて、Bluetoothでつないでいても、高音質で低遅延を実現しています。なんでも入りのBluetoothイヤホンがこの価格ということだけでマストバイでしょう。

Bluetoothイヤホンがどのようなものなのかを知りたい方から本格的にBluetoothイヤホンを探している方まで全ての方におすすめできるイヤホンとなっています。是非一度手にとってみてはいかがでしょうか。

Amazonからの購入はこちらから→ブルートゥース イヤホン TaoTronics Bluetooth イヤホン ワイヤレス ヘッドホン マグネティックヘッドセット CD音質 aptXテクノロジー対応 IPX5防水 スポーツ仕様 内蔵式マイク 1年保証付き TT-BH07

1MORE Piston Classic


高音 5点 / 10点

中音・Vo域 5点 / 10点

低音 6点 / 10点

このイヤホンの特徴は何と言っても音質です。3000円以下の価格帯ながら1万円台のイヤホン並みの音を鳴らしてくれます。どこかが特別主張してくるなどがなく、悪く言えば特徴のない音とも捉えられますが、よく言えばどのジャンルの曲も鳴らせてしまうということです。ハウジングの一部から音が抜けるようになっている半開放型ということもあり、音の抜け感や解像度も申し分ないでしょう。

さらに、ハウジングが金属でできていて高級感もあります。ぱっと見で3000円以下のイヤホンとは思えないほどの高級感です。

iPhoneやAndroidを使っている方にも使いやすいポイントがiPhone、Android両対応のリモコンがついているところです。このリモコンを操作すれば曲の再生停止や音量調節なども自由自在です。

難点を一つ挙げるとすれば、音漏れが少し気になるところです。半開放型ということもあり、音量をあげすぎると少し音漏れします。大音量で音楽を聴く方などには向かないかもしれません。

Amazonからの購入はこちらから→1MORE Piston Classic カナル型イヤホン シルバー E1003SV

SONY MDR-EX150


高音 6点 / 10点

中音・Vo域 5点 / 10点

低音 6点 / 10点

このイヤホンの音の傾向はドンシャリです。高音と低音が前に出て主張してくる音作りになっています。そして、何と言っても臨場感は3000円以下とは思えないほどです。まるでライブ会場にいるかのような臨場感です。解像度も高く、音の一つ一つがしっかりはっきり聞こえてくるので、聞いていてとても楽しでしょう。

デザイン面もカラーバリエーションが8色もあり、ポップなデザインなので男性にも女性にもおすすめできます。

難点を一つ挙げるとすると、タッチノイズが少し気になるところです。タッチノイズとは、ケーブルが服などに擦れてノイズが発生するでとです。しかし、このようなノイズが気にならない方にとってはもってこいのイヤホンでしょう。

Amazonからの購入はこちらから→ソニー SONY イヤホン MDR-EX150 : カナル型 ブラック MDR-EX150 B

JBL T290


高音 6点 / 10点

中音・Vo域 5点 / 10点

低音 5点 / 10点

音質面では低音が主張しすぎず、高音が綺麗に聞こえるという印象です。だからと言って極端に低音が少ないわけではなく、どちらかというとドンシャリ傾向です。中音に関しては少し引っ込んでいる印象があるものの全体的には聴きやすい音作りになっています。

デザイン面では高級感があり、3色展開で男性にも女性にもおすすめできます。特に、JBL T290のローズゴールドという色はiPhoneのローズゴールドとの相性抜群です。iPhoneと組み合わせてファッショナブルな使い方もできるでしょう。

1ボタン式でiPhoneなどでの曲の再生停止にも対応しているので使い勝手の良さもピカイチです。

Amazonからの購入はこちらから→JBL カナル型イヤホン T290 ローズゴールド アルミニウムハウジング フラットケーブル採用 重低音 JBLT290RGD 【国内正規品】

3000円以下のイヤホンの総評

今回紹介したのは、3000円以下のイヤホンの中でも厳選されたイヤホンばかりです。イヤホンは高かろう良かろうという言葉が似合わない分野です。安いからといって決して音質が悪いとは限りません。
もし今高級なイヤホンを持っているという方でも、一度この価格帯のイヤホンを聞いてみてください。高級イヤホンとは違う味や音の傾向が楽しめるでしょう。

 

SNSでシェアしよう!