熟成された真の音質 final E5000 レビュー|リケーブル・イヤーピース・価格比較まで

今回紹介するのはfinalからVGP 2018で金賞を受賞したE5000の紹介です。E5000はまっすぐな音でありながら、音楽の繊細な部分をも鳴らすことができるハイパフォーマンスなモデルとなっています。そんなE5000をリケーブル・バランス化・おすすめのアンプなども含めて徹底的にレビューしていきます。

final E5000の音質評価・レビュー

 1:高音・・・8/10点

final E5000の高音は繊細な一音を余すところなく鳴らしてくれる印象です。finalが掲げる本質的な音の追求というコンセプトにマッチしていますし、音質だけでなく表現力という点でも群を抜いているイヤホンではないでしょうか。音源を臨場感ある音で鳴らすので、シャリシャリした刺さるような音はしません。

2:中音・Vo域・・・8/10点

ボーカルの声もfinal E5000は抜かりなく丁寧な表現で楽曲に華を添えます。ハイパフォーマンスなイヤホンと言ってもボーカル域が埋もれてしまうことは少なくありませんが、E5000はリアルな声を耳の近くで感じることができるでしょう。カッティングなどのギターの音も埋もれることはありません。

3:低音・・・8/10点

E5000の低音は迫力があります。バスドラムやベースなどのダイナミックな音をただ強く鳴らすという訳ではなく、繊細さを保ちながらの音なので、耳が疲れることはあまりありません。高音・中音・低音どれをとっても抜け目がない音質で、臨場感もあるのでライブ音源なども楽しむことができるでしょう。

自然にひろがるやわらかな音色がします。空気感と言うのでしょうか、響きが良いですね。それでいて細やかさがあり、解像度の良さを感じさせるサウンドです。

この表現が矛盾していると思われるかも知れませんが、実際にそれを両立しているのが面白いところですね。
これがfinalの魔法(音作り)なのかなと思います。

正直な話、finalのBA型イヤホンは苦手な鳴り方でした。むしろそういった苦手意識をもった人にこそ聴いてもらいたいと思います。

あなたも私の様に魅了されるかも知れません。

Amazon

 

ハッキリ言います。キンキンシャンシャン解像度重視の人には合いません。
最初視聴したとき、籠っている?という感想でしたが、とりあえず買ってみて数日間慣らしてみるとスケール感が凄くて、ピアノとか生音系がとても聴きやすいんです。シンバルやトライアングルが遠いという感じはないですね。丁度いいと思います。ライブ音源とかもおすすめで自分が会場にいるかのような感じです。

遮音性については、イヤーピースさえピッタリならまあまあでしょうか。合わなければとことんスカスカです。
音漏れはするほうですが、電車の中、人ごみの中なら大丈夫です。ただし、図書館や静かなところでは静かな音量にしないと聴こえます。

そしてここが重要!!
感度が少し低めなのでパワーのあるDAPかポタアンでないと全音域が表現しきれてないかなと思います。

オールラウンドに使えるので是非どうぞ!

Amazon

final E5000の基本情報

型番
FI-E5DSSD
筐体
ステンレス 鏡面仕上
ドライバー
6.4mmΦダイナミック型
コネクター
MMCX
ケーブル
OFCシルバーコートケーブル
感度
93dB
インピーダンス
14Ω
質量
24g
コード長
1.2m
付属品
シリコン製キャリーケース、イヤーピース(Eタイプ5サイズ)、イヤーフック、カラビナ
付属品にイヤーピースが5サイズありますが、遮音性を高めたい方はコンプライなどの購入をおすすめします。

final E5000をリケーブルするならこのケーブル!

NOBUNAGA Labs MMCXコネクタ対応リケーブル TR-SC15

TR-SC15は全体的に音の抜けを良くしてくれるケーブルです。リケーブルすることによって自分好だけのイヤホンにカスタマイズするのも醍醐味です。

ZEPHONE EL-24

このケーブルは低音に厚みを持たせてくれるケーブルです。低音を強めにしてEDMなどの音楽を楽しみたいという方にはぴったりのケーブルです。

final E5000におすすめのイヤーピース

コンプライ

コンプライは低反発のイヤーピースで、自分の耳の形にフィットしまず。特に遮音性に優れていて、音楽に集中したいという方にはおすすめです。ただ外部の音が聞こえなくなる場合があるので購入時に一度試してみると良いでしょう。

コンプライを装着すればfinal E5000で今まで聞き取れなかった低音が聞こえるようになり、ベースラインなども気持ちよく聞き取ることができるでしょう。final E5000の音質を変えて聞いてみたいという方には最高のイヤーピースでしょう。

final E5000の価格比較

Amazon

Amazonの価格はこちらから

楽天

楽天の価格はこちらから

final E5000で聴くならこの曲!

BUMP OF CHICKEN

代表曲:天体観測・ray・記念撮影・虹を待つ人・話がしたいよ

CDJ2018に出場が決定したBUMP OF CHICKEN。今年も精力的に活動を続け、コンスタントに楽曲を発表。今年リリースした楽曲には全てタイアップがついており、今もなおファン層を拡大し続けています。アニメ楽曲が3曲、映画主題歌が1曲、CM提供曲が1曲という充実したリリースになっており、フロントマンである藤原基央が紡ぐ歌詞も年々いろ濃くなっています。

気になる方はfinal E5000のまっすぐで煌びやかなサウンドでBUMP OF CHICKENを聴いてみてはいかがでしょうか。

final E5000はどんな人におすすめ?

final E5000は高音・中音・低音のバランスが良く、どんな音もまっすぐで本質的な音を鳴らしてくれるイヤホンです。徹底的に追求したfinalの技術はボーカルの繊細な息遣いを表現してくれるため、音楽が好きな方にはもってこいのイヤホンだと言えるでしょう。

高音や低音などがずば抜けて出ているイヤホンではないですが、聴き疲れすることはなく、長時間音楽を聴きたくなるような音質です。EDMなどの重低音が聴きたいという方は、リケーブルなどでカスタマイズするのも良いでしょう。

繊細で臨場感のある音質を奏でるfinal E5000。最高の音質を求めて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

SNSでシェアしよう!